肛門の疾患には大別して3つの種類があります。まず、最も有名なのが「イボ痔」です。患者の約60%以上がこの症状で悩まされており、男女ともに最も多い肛門疾患です。原因としては、長時間に渡って座りっぱなし、立ちっぱなしになっていることです。同じ体制でい続けることによって血液が下がって肛門がうっ血します。それによって血管の一部がイボになります。次に、これも有名ですが「切れ痔」です。文字通り、肛門が切れてしまうことによって起こりますが、男性よりも女性の方が多い肛門疾患です。原因としては、便秘、下痢、出産のいきみによって切れます。そう考えると、女性のほうが便秘をしやすく便も硬いので切れやすくなります。更に出産は女性特有のものですので、出産で初めて切れることも少なくないようです。最後にあまり知られていないのは「あな痔」でしょう。感染によって膿ができてしまい、膿が流れ出ることによって穴があきます。これに関しては早急な手術が必要で、ほうっておくと癌化する可能性もあるとされています。症状の要因は色々ありますが、いずれにしても細菌が肛門に入り込んでしまうことで起こります。どの種類の肛門疾患にしても、早期の段階で治療しましょう。

痔の種類と原因について

痔の種類には、大きく分けて4種類あります。まず、痔核といって、肛門の周りに集まっている静脈がうっ血を起こして、血管がイボやコブのように膨れ上がったものがあります。主な原因は、便秘です。便秘でなかなか便が出ないときにりきんでしまい、その時に血管に血液が充満して広がります。これが繰り返されてしまうと、血管が膨らんだままになり、元に戻らなくなってしまうのです。次に、裂肛についてです。肛門内部の粘膜の表面に亀裂や潰瘍を形成した状態です。これについても主な原因は便秘ですが、裂肛の場合は硬くなった便を排出する時に、肛門の出口が切れてしまいます。3つ目は、脱肛です。脱肛は、内臓全体が下垂し、肛門部が外部に抜け出てしまう症状のことを言います。分娩・便秘・長時間座る等、肛門に負荷をかけることによって引き起こされます。最後に、痔ろうというものがあります。便の中の細菌が肛門の一部から侵入し、膿がたまってしまいます。そうするとたまった膿を外に出すために、肛門周囲にトンネルを作ってしまうのです。こうした肛門の疾患になってしまった方のほとんどは、羞恥心から病院に行くのを先延ばしにし、痛みを我慢してしまいがちです。ですが、症状が軽い初期であれば、薬と健康管理だけで治すことができます。症状が進行してしまうと、最終手段として手術せざるをえなくなってしまいますから、症状を感じたら早めに病院へ行くといいでしょう。