痔にはどのような種類があるのでしょうか。大きく分けると3種類があります。まずは肛門周囲が切れるタイプのものです。便秘などで硬い便を無理に出したりすると起こります。次はいぼタイプのものです。これは肛門の歯状線を境にして内側にできるタイプと外側にできるタイプがあります。最後は肛門周囲の静脈が膨らんで破れてしまった状態のものになります。痔の治療方法には座薬や軟膏等を使用する保存療法と手術療法があります。切れるタイプのものは多くの人が自然治癒するものなので保存療法が主になります。ただ痛くてたまらない人や薬でも痛みが治まらない人は手術をする場合もあります。いぼタイプの場合は内側のタイプの人で排便の際に出血があったり、外にいぼが出てくるような場合は外科的に除去を行ったほうがいいです。そのことで排便時がかなり軽快になります。また海外旅行や出産などを控えている人は先にしておいたほうがいいです。環境が変わったことで悪化する可能性があるからです。最近ではいぼを小さくさせて癒着固定させるような注射も出てきているとのことです。破れてしまっているタイプの人は100パーセント手術が必要です。感染などを起こす心配もあるからです。

痔になった場合の手術方法

日常生活を送る中で、ときどきお尻のあたりが痛くなることがあると思います。痛くなる原因としては多くの要因がありますが、肛門あたりが痛い場合には、ほとんどが痔による痛みの場合が多いです。しかし、一言で痔と言っても様々な症状がありますし、意味自体を知らない人もいると思います。そこで今回は、痔とはどうゆうものなのかを詳しく説明します。まず、現れる症状ですが、症状には様々あるので、その中で一番一般的な症状を紹介します。肛門のあたりにイボが出てくる症状です。この症状は、自分で触ることができる肛門の外側と、自分では見ることのできない肛門の内側のどちらかに現れます。原因としては様々ありますが、ほとんどの場合が直腸や肛門あたりの静脈がうっ血することで現れます。痛みが強く、ひどい場合は座ったり、歩いたりするだけで強い痛みが現れるので、とても厄介です。しかし、なってしまったからと言って落ち込む必要はありません。ちゃんと治すことができるからです。治す方法としては、手術が一般的なので、手術方法いくつか紹介します。まず、硬化療法です。症状が悪化し、多量の出血を伴う場合に行われます。次に、レーザー療法です。症状が悪化した場合に、小さくする、または切除する方法です。他にも様々な手術方法があるので、症状にあったものを選ぶことができます。