この介護用品つあればもっと介助しやすくなります   no comments

Posted at 6:28 pm in

もし、家族で介護が必要な人がでた場合に、この介護用品があると、みんなが助かるという商品があります。それは、尿漏れ用の防水シーツです。これがあるのとないのとでは雲泥の差があります。寝たきりではなくても、認知症で漏らしてしまうこともありますし、夜眠れない方が、眠れるようにする薬を飲むと、寝込んでしまった場合に漏れてしまうこともあります。そして、オムツの介助をするときに、失敗して、シーツを濡らしてしまうこともあります。少量だったらまだいいのですが、大量の場合、シーツだけではなく、布団までも、洗濯しなくてはいけなくなります。それが夜間だった場合、介護される方も介護する方も、睡眠時間が減ってしまい、睡眠不足で体がだるくなってしまうなど、体に負担がかかってしまいます。そんなこともあるので、防水シーツは買っておいた方がいいでしょう。

これからの高齢化と介護用品

現在社会は、少子高齢化社会といわれています。そして、これからもっと高齢化が進んでいくといわれており、とても深刻な問題となっています。あなたの両親や祖父母が日常生活を送ることが困難になったとしたら、あなたはどのような行動をするでしょうか。きっと、日常生活を送ることが困難になってしまっても、慣れ親しんだ我が家で生活をしたいとみなさんが考えるのではないのでしょうか。家族なら、できる限りのことをしてあげたいと思いますよね。現在では、ドラックストアやホームセンターでもさまざまな介護用品を販売していますし、インターネットでも販売しています。そのため、もしも自宅で介護をしながら生活をして、忙しくて買い物に行く時間が無くなったとしても、インターネットで介護用品を購入することができるので大丈夫なのです。大切な家族のために前向きに考えてください。

介護用品の上手な利用の仕方

介護用品において、介護認定が下りている方は、介護用品価格の1割の自己負担でレンタルが利用できることをご存知でしょうか。レンタルできる物として、介護ベットや床ずれ防止用具。車いすもレンタルでき、車いすにおいては、自走用・介護用・電動用などの種類があります。他にも、歩行器や歩行補助杖などあるので、購入する前に一度調べられた方が良いと思います。利用する期間によっては、レンタルするよりも購入する方がお得な場合もありますので、担当のケアマネージャーの方によく話を聞かれることをお勧めします。また、購入する場合も、年間10万円を限度に、かかった費用の一割の自己負担で購入することができますので、よく調べられた方が良いと思われます。この場合は、償還払いといって、購入時まずは、全額支払っておいて、申請により後から購入金額の9割が戻ってくるといった具合です。

分かりずらい介護用品を、分かりやすく解説しています。介護される方の自立のお手伝いをいたします。北海道から沖縄まで、日本全国に商品をお届けしております。当社は各福祉施設の下支えをしている㈱あかね福祉が運営しているので、経験から最適な商品のご提供を出来ます。直接は販売できませんが、リフトや車両なども参考出品特に介護食品は当社ならではの商品ラインアップ。介護用品がなんでも揃うアイケ福祉オンラインショップ

Written by admin on 1月 10th, 2014